HomeCoinsLTO Network (LTO)技術ロードマップアップデート• 2021 Q2

技術ロードマップアップデート• 2021 Q2

- Advertisement -



第1四半期は、採用やパートナーシップの面でエキサイティングな日々であり、様々なクライアントやプロジェクトでチームは多忙を極めました。

現在、Sphereonと緊密に連携し、LTOアイデンティティ・プラットフォームに注力しています。Sphereonからは貴重なフィードバックを受けており、その結果を反映させてロードマップに優先順位を付け直したり、追加したりしています。

来月には、LTOのパブリックノードとインデクサーサービスの開発強化を実行します。


パブリックノード

LTOのパブリック・ノードはここ数年、安定稼働を続けています。アソシエーション・トランザクションとスポンサード・アカウントの導入を確認し、デフレ・トークン・モデルへの切り替えも行いました。

今期は、過去2年間の合計を上回るパブリックノードの変更や新機能が導入される予定です。既存の予定のものもあれば、全く新しいものもあります。

一方で、トランザクション専用のAPIエンドポイントなど、使われていない機能をノードから削除します。これは、マイニング以外の目的で使用するにはLTOインデクサーのようなサービスが必要な、よりスリムなパブリックノードへの移行の始まりです。

シグネチャーのマルチカーブ対応

全てのブロックチェーンのトランザクションは、ブロードキャストされる前に暗号化されて署名されます。署名は、そのトランザクションがアカウント所有者によって承認されていることを確認するために使用されます。現状、ほぼ全てのブロックチェーンは楕円曲線暗号アルゴリズムを使用していますが、これらにはいくつかのフレーバーがあります。

Bitcoinはsecp256k1カーブのECDSAを選択しています。EthereumやEOSなど、他の多くのブロックチェーンも同様です。ブロックチェーンの台頭以前は、この楕円曲線規格は全く一般的ではありませんでした。主流のハードウェアベンダーのほとんどは、この曲線のハードウェア暗号化をサポートしていません。代わりに、ランダム曲線であるsecp256r1(別名:NIST P-256)をサポートしています。Bitcoinがsecp256k1を選んだのは、NSAによるバックドアが埋め込まれる可能性が最も低いからだとされています。

Cardano、Stellar、LTO Networkなどの一部のブロックチェーンは、ED25519として知られるcurve25519のEdDSAアルゴリズムを選択しています。このアルゴリズムの利点は、ブロックチェーンの領域外でも支持されていることです。例えば、ED25519はOpenSSLのデフォルトアルゴリズムです。

比較的新しい傾向としては、複数の暗号アルゴリズムや暗号曲線をサポートし、ユーザーがどれを使うかを選択できるようにすることです。例えば、PolkadotはED25519とsecp256k1の両方をサポートしており、LTO Networkもこの流れに乗る予定です。2021年Q2のアップデートでは、EdDSAの代わりにECDSAでトランザクションを署名することができ、secp256k1とsecp256r1の両方をサポートします。

スポンサーフィー

パーミッションレスのパブリックブロックチェーンは、ネットワークに参加してトランザクションを検証するノードに依存しています。一般的には、ブロックをマイニングするノードがこれを行います。ノードの参加にインセンティブを与えるために、ユーザーは取引ごとに手数料を支払います。この手数料は、LTOなどの暗号通貨で支払われます。暗号通貨を購入・保有することは、多くの組織にとって困難であり、主流となるためのハードルとなっています。

このハードルを克服するために、LTO Networkはスポンサーアカウントを導入しました。これによりインテグレーターのような1つの当事者が、プロジェクト全体の暗号通貨を購入・管理することができる一方で、各当事者が自分の取引に署名することで、プロセスの分散化が保たれます。

スポンサー・アカウントのデメリットは、スポンサーがスポンサー・パーティを信頼する必要があり、ダミーの取引によって簡単にアカウントを清算できてしまうことです。また、スポンサーアカウントの開設には、5LTOという比較的高額な費用がかかるため、1回または数回の取引を行うスポンサーには適していません。

LTOパブリックチェーンのアップデートでは、新しいtxデータ構造が導入され、アカウントが取引に共同で署名し、手数料を支払うことができるようになります。アカウントを管理する側と手数料を支払う側を分離するというオプションは、IDプラットフォームにとって重要です。これにより、ユーザーがLTOを購入しなくても、(複雑な)DID IDを作成・管理できるようになります。

アソシエーションの更新

アソシエーション・トランザクションは、2つのアカウント間の関係を作成します。この関係はコンセンサスには関係ありません。むしろ、オフチェーンで使用したり、他のブロックチェーンに公開することを目的としています。

アソシエーションは作成したり取り消すことができます。パブリックノードは、取り消されたものも含めて、全てのアソシエーションの記録を保持します。コンセンサスモデルでは、2つのアドレス、アソシエーションの種類、ハッシュのユニークな組み合わせが必要になります。つまり、取り消されたアソシエーションは再作成できないということです。これはある種のユースケースでは問題となります。例えば、信頼できるネットワーク内のパーティを一時的に失効させる場合などです。

もう1つのルールは、アソシエーションは2つの異なるアカウント間でなければならないというものです。例えば、複雑なDIDドキュメントを作成する際に、自分のアカウントを参照することが必要になる場合があります。
アソシエーションは取り消されるまで有効です。通常、信頼関係においては、発行されたSSL証明書などには有効期限があるため、接続を無効にするために発行者側からのアクションは必要ありません。これは、鍵を紛失した場合にも重要です。

今回のアップデートでは、アソシエーションに関するコンセンサスルールの一部が削除されました。ノードは、アクティブなアソシエーションのみを記録します。歴史的な情報については、代わりにインデクササービスを使用する必要があります。アソシエーションの新しいtxデータ構造には、(オプションで)有効期限を設定するフィールドが含まれます。

クレーム

アソシエーションは、アドレス間の信頼関係を構築するためのものです。または、他の多くの目的にも使用できます。

LTO Network は、新しい取引タイプであるクレームを導入します。アソシエーションと同様に、クレーム・トランザクションはコンセンサスには関係なく、オフチェーン・アプリケーションで使用されることを目的としています。クレームの目的はLTOでは定義されておらず、消費するアプリケーションが純粋に解釈し、二次プロトコルで確立されます。

クレームの最も明らかなユースケースは、偽造可能なアイテムのサプライチェーンです。これにより、消費者は製品の製造に使用された原材料を追跡することができます。もう1つのユースケースは、追跡調査です。ブロックチェーンは所有権の記録に使用され、NFTとは異なりリードされることはありません。クレームや想定されるユースケースの詳細は、この機能が導入されてからのお楽しみです。

アイデンティティノード

LTO Networkは、第1四半期に新しいノードタイプ、アイデンティティノードをリリースしました。アンカーノードと同様に、このノードタイプはインデクサーサービスを使用してパブリック・チェーンから情報を収集し、公開します。

インデクサーサービスは、LTO上で少なくとも1回以上の取引を行ったアカウントのDID(分散型識別子)を解決することができます。これは、各取引から抽出された公開鍵をインデックス化することで行われます。

今期は、より複雑なDIDドキュメントを作成するための機能が追加されます。また、信頼できるネットワークを定義するための基礎を実装します。

DIDドキュメントの構築

任意のLTOアドレスに対して解決できる暗黙のDIDドキュメントは、単一の公開鍵を含んでいます。DIDドキュメントはより複雑で、署名と暗号化の両方に複数の鍵を含むことができます。この規格では、これらの鍵の使用を検証や認証などの特定の目的に限定することができます。

次のバージョンでは、複雑なDIDドキュメントの構築がサポートされます。他のIDソリューションとは異なり、DIDドキュメントはチェーン上に保存されません。代わりに、アカウント間の関連付けに基づいてインデクサーによって生成されます。これは有向グラフと呼ばれるものです。

この手法を使ってIDを構築するということは、LTO Networkでトラステッドネットワークを構築するのと同じことです。どちらの場合も、最終的にはある署名を受け入れられるかどうか、信頼できるかどうかということになるからです。

トラストネットワーク

LTO Networkの哲学が多くのブロックチェーンと異なる点は、ネットワークが機能するために必要な場合にのみ、コンセンサスによってルールが実行されることです。これは、誰でも主張や関連付けができることを意味します。その主張を解釈するか無視するかは、二次仕様やクライアント・アプリケーション次第です。

インデクサーは、ノードオペレーターがトラストネットワークを定義できるようにします。これは、単一のルートアドレスを持つ階層であったり、自分のアドレスを中心とした信頼の網であったりします。重要なのは、インデクサーが信頼されたネットワーク内のアカウントで行われたトランザクションのみを処理するように制限し、それ以外のものは無視できるということです。

これは、信号とノイズを分離するだけではありません。また、ID ノードで処理および保存する必要のある情報の範囲も制限されます。


まとめ

LTO Networkは2021年に素晴らしいスタートを切りましたが、これは始まりに過ぎません。

今期、LTOチームはアイデンティティノードの基盤を定義する野心的なロードマップを持っています。DIDソリューションのために新しいインテグレータをオンボードする一方で、既存のソリューションのアップデートと新しいインテグレータで満たされる1年にしたいと考えています。

LTO Networkがその可能性を最大限に発揮するのを楽しみにしています!



Source link

- Advertisement -
Mr Bitcointehttps://www.bitcointe.com/
“Fact You Need To Know About Cryptocurrency - The first Bitcoin purchase was for pizza.” ― Mohsin Jameel
462FansLike
76FollowersFollow
4,567FollowersFollow
5,261FollowersFollow
1,512FollowersFollow
2,230SubscribersSubscribe

Most Popular

bitcoin
Bitcoin (BTC) $ 62,715.00
ethereum
Ethereum (ETH) $ 4,214.56
tether
Tether (USDT) $ 1.00
bitcoin-cash
Bitcoin Cash (BCH) $ 619.13
litecoin
Litecoin (LTC) $ 193.12
eos
EOS (EOS) $ 4.77
okb
OKB (OKB) $ 24.53
tezos
Tezos (XTZ) $ 7.05
leo-token
LEO Token (LEO) $ 3.36
cardano
Cardano (ADA) $ 2.17
monero
Monero (XMR) $ 287.85
stellar
Stellar (XLM) $ 0.38053
chainlink
Chainlink (LINK) $ 32.01
huobi-token
Huobi Token (HT) $ 10.16
tron
TRON (TRX) $ 0.103219
usd-coin
USD Coin (USDC) $ 1.00
dash
Dash (DASH) $ 204.29
neo
NEO (NEO) $ 44.61
iota
IOTA (MIOTA) $ 1.41
nem
NEM (XEM) $ 0.177653
zcash
Zcash (ZEC) $ 165.71
maker
Maker (MKR) $ 2,512.65
paxos-standard
Pax Dollar (USDP) $ 1.00
ethereum-classic
Ethereum Classic (ETC) $ 54.83
vechain
VeChain (VET) $ 0.144349
true-usd
TrueUSD (TUSD) $ 1.00
ftx-token
FTX Token (FTT) $ 64.91
kucoin-shares
KuCoin Token (KCS) $ 17.21
waves
Waves (WAVES) $ 29.16